生理痛・PMS緩和

生理痛・PMS緩和

女性ならではの悩みの種・生理痛。
毎月鎮痛剤が手放せないという人も多いことでしょう。
そんな生理痛に有効なのがなんとミドリムシなんです。

 

誰しもが教科書で一度は目にしたことのあるミドリムシが何故生理痛を緩和してくれるのか、順を追って説明します。

 

生理痛と言えば下腹部痛なわけですが、痛みの発生源は子宮です。経血を排出するために子宮は収縮します。その収縮という行動に痛みを伴うため、生理というシステム上、痛みが切り離せません。

 

生理痛とは無縁という女性もいる一方で、毎月必ず生理痛に見舞われる人は多いですし、子宮内膜症などの疾患が理由で生理痛が重いという人もいます。

 

そんな憂鬱な生理痛を、ミドリムシに含まれるEPAが和らげてくれます。

 

EPAとは不飽和脂肪酸の仲間です。不飽和脂肪酸は文字通り脂肪酸の仲間で、オレイン酸などが知られています。非常にざっくりとした説明をすると、健康に良い成分、この一言に尽きます。

 

EPAは子宮収縮時に活発に活動して痛みをもたらす成分に働き掛け、痛みを発生しにくくするのです。

 

滑りの悪いふすまや障子を無理矢理閉めようとすると多かれ少なかれ雑音が生じます。そういう雑音が生じないように滑りを良くするべく“ろう(ロウソク)”を塗ることがありますよね?そんなロウソクのような存在がEPAなんです。

 

ミドリムシが持つ不飽和脂肪酸はEPAだけではありません。他に10種類もの不飽和脂肪酸を持ち、血中のコレステロールを減らすといった効果もあり、女性だけでなく男性にとってもプラスに働きます。

 

善玉菌を増やして予防改善する効果。
肥満を予防改善する効果。
発がん性物質の活性化を抑制する効果。

 

などなど、栄養素が豊富なミドリムシゆえにさまざまな効果を持っています。生理痛緩和といった特定の目的がなくとも、健康に良い物を摂取したいなら、ぜひミドリムシを。