ミドリムシに含まれる栄養素

ミドリムシに含まれる栄養素

ミドリムシには実に59種類もの栄養素が含まれています。

 

59種類の内訳を見てみると、

 

ビタミン類

 

  • αカロテン
  • βカロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK1
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸

 

ミネラル類

 

  • マンガン
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • ナトリウム

 

アミノ酸類

 

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • アラニン
  • アルギニン
  • リジン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • プロリン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • ヒスチジン
  • チロシン
  • トリプトファン
  • グリシン
  • セリン
  • シスチン

 

不飽和脂肪酸

 

  • DHA
  • EPA
  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • ジホモγリノレン酸

 

その他

 

  • βグルカン
  • クロロフィル
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • GABA
  • スペルミジン
  • プトレッシン

 

このように一覧化してみるといかに多くの栄養素を持っているかおわかりいただけることと思います。

 

これだけたくさんの栄養素を持っているということは、

 

植物性の栄養も動物性の栄養も持っている
人間に必要な栄養素をすべて持っている

 

ということでもあるのです。

 

しかも、ミドリムシは吸収が良いという特徴があります。

 

通常、植物性の栄養は細胞壁という壁に囲われています。対して、動物性の栄養は細胞壁を持たず、代わりに細胞膜という膜に覆われています。

 

膜と壁、どちらが壊れやすいかと言ったら膜のほうですよね。よって、動物性の栄養のほうがガードが壊れやすい=吸収しやすくなっています。

 

しかしながら、私達人間は動物性の栄養だけでは生きていかれません。

 

ところが、ミドリムシは藻つまり植物の仲間でありつつも細胞壁ではなく細胞膜しかガードがありません。つまり、ミドリムシは59種類もの栄養素を持っている上にその栄養が吸収しやすいという人間にとってとてもありがたい存在なのです。

 

ミドリムシさえ摂取していれば生きていけると言っても過言ではないんですね。

 

とはいえ、ミドリムシだけの食卓は味気ない物です。そのため、ミドリムシをサプリメントにするのはもちろんのこと、ラーメンやハンバーガーなどの食品に加工することで摂取しやすくなる工夫が重ねられています。